· 

妻の不倫とその対処

妻の不倫とその対処

不倫は民法にも定められた違法な行為です。

毅然とした迅速な対応が何より大切だと考えています。

 

【民法第719条】

①数人が共同の不正行為によって他人に損害を加えたときは、各自が連帯してその損害を賠償する責任を負う。共同行為者のうちいずれの者がその損害を加えたかを知ることができないときも、同様とする。

 

高額な費用を避け、弁護士や裁判所といった第三者を経ず、妻の不倫相手と迅速な終結を望まれるご相談者さまには下記の対応をお勧めしています。

 

妻の不倫相手に対して

①配偶者を裏切り、繰り返したの不貞行為について謝罪と慰謝料を請求します。

不貞行為が行われた期間や有責性、相手方の謝罪や経済力等の状況から金額を決めます。

この慰謝料請求通知は後日を考慮して内容証明郵便での通知とします。

 

②示談書を作成する。

今後、妻との一切の私的交際を絶つこと。再度の不貞行為を重ねれば違約金。これらを示談書にまとめ署名押印を求めます。

慰謝料の支払いに分割を許すなら、公正証書での作成や連帯保証人付きの示談書とします。

 

奥さまとの夫婦間信頼回復には時間もかかると思いますが、毅然とした不貞行為の後始末が、今後のご夫婦関係に大切だと感じています。