· 

妻に不倫の気配

妻に離婚の気配

残業と言い訳をする遅い帰宅時間。おまけに休日出勤だと土日にも会社へ。

 

以前と比べ、明らかに家事の手を抜いている‥‥それになんだか最近、化粧が派手だ。

 

「ひよっとして浮気してるんじゃないだろうな?」

 

脳裏に浮かぶ不審。

 

さて、どう解決するのが良いでしょうか?

 

大切なことはまず現実を正しく把握することです。でなければパートナーとの信頼関係に不審を残します。生活基盤となる配偶者への信頼。これに不審を抱えたままでは、円満な家庭生活を営むことは不可能でしょう。

 

不貞相手は法律でも明記されている不法行為です。妻の不倫に対し、貴方はその不貞相手である妻と不倫相手に正当な請求権を有しているのです。(民法709条)。

 

今後、結婚生活を続ける?それとも離婚?

 

どちらの対応を執るかは妻の対応にもよるでしょう。

まずは、しっかりした証拠をつかむことです。

 

「お前、浮気しているだろう。白状しろ!」

 

不審なお気持ちは分かりますが、証拠をつかむまでに、間違ってもこんな言葉で問い詰めないことです。警戒されて証拠をつかむことが出来なくなります。

 

あなたには日々の仕事もあるでしょう。妻の行動を終始チェックするなど不可能です。

探偵事務所への調査依頼も検討されたらと思います。

 

探偵事務所の費用は決して安価ではありませんが、今後の対処を考えると必要な事だと思えます。