妻の不倫で離婚を決断?男の離婚相談 初回のご相談は無料です。

妻の不倫で離婚か?

大阪梅田 男の離婚相談室 いぐち法務行政書士事務所は。離婚協議書作成等の実績が豊富です。夫を裏切る妻の不倫や浮気。怒りと落胆にどう対応されますか?是非ご相談ください。

 

「後悔しない離婚」へ向けて考えておくことは沢山あります。

 

これまでの結婚生活への不満。性格の不一致や価値観の違い。当事務所はこれらを検討の上離婚条件を確定し、離婚協議に臨まれることをお勧めします。協議される離婚条件について下記をご参照ください。

 

親権

親権者は離婚時にもめやすい項目です。お子さまの権利・義務に関して法定代理人となります。二人の内、どちらが親権者となるのかを決めます。親権者の記入がない離婚届けは受理されません。

お子さまが幼年の場合、養育・監護等実際に子の面倒をみる母親が親権者になる場合が多いです。

養育費・面会交流

 双方で合意した養育費・面会交流の詳細を離婚届の記入欄に記載します。未記入でも離婚届は受理されますが、離婚条件でもめることが多い養育費については公正証書にする等の配慮が望まれます。

養育費について

養育費は子の成長に欠かせないお金です。子の貧困に繋がる養育費の不払いを防ぐためにもしっかりした取り決めを書面化することが大切です。

家庭裁判所のホームページで親の収入・子の人数に合わせた算定額が公表されています。

 

※養育費については家庭裁判所の算定表をご参照ください。

 

面会交流

親の権利であると同時に、子と親の面会交流は子の成長に欠かせないものです。離婚されても 子にとって実の親はお二人だけです。

離婚に伴う感情的な嫌悪から「子に会わせない・離れて暮らす片方の親の悪口を言う」等は慎みましょう。離婚時には話合いが必要です。

財産分与

 婚姻期間中に夫婦で築いた財産を分け合います。事前に財産をすべて把握しておく必要があります。

現預金なら比較的分かりやすいですが、マイホーム等不動産は、事前に二人で分割の割合を検討しておく必要があります。

 

年金分割

婚姻期間中に支払った厚生年金保険料の総額を夫婦で分割すること。合意分割と3号分割(3号分割は妻が専業主婦の場合、合意は不要で1/2に分割されます。)

妻だけが厚生年金保険料を支払っていた場合、夫に分けることになります。

夫が自営業者なら厚生年金保険料の支払いはありませんので分割できません。

慰謝料

奥さまへの請求

婚姻中、奥さまが既婚者でありながら秘密裡に不貞行為を繰り返す。これは離婚理由となる背信行為です。これが原因での離婚なら、離婚条件を話し合われる折に慰謝料として請求出来ます。

 

 相手方への請求

また、不倫相手に関しては、奥さまが既婚者であると知りながら肉体関係を持ったことに対して、配偶者として当然慰謝料の請求が可能です。

ただ、不貞行為の慰謝料の請求に関してはしっかりした証拠や、当事者の自白が必要です。

「そんな覚えはない!誤解も甚だしい!証拠があるのか?」

と開き直られないよう写真や文書等不貞関係を裏付ける証拠が必要です。当所ではご希望があれば、信頼出来る探偵事務所様のご紹介も可能です。

 

慰謝料を請求された方はこちらをご参照ください

婚姻費用

婚姻費用と聞くと、結婚式やこれから始まる結婚生活に必要な費用のように感じますが、そうではありません。

例えば、性格の不一致や不貞行為が原因で、離婚を前に別居生活をされているご夫婦を考えてください。

このご夫婦の奥さまが、お子さんを連れて実家に戻り別居生活をされているとします。奥さまの実家ですから家賃は不要としても、お子さまの教育費や日常の食費等、生活費が必要です。

これら、離婚前の生活費を婚姻費用と言い、ご夫婦はこれを負担せねばなりません。

「子を連れて実家に戻ったのだから、生活費は払わない!」

離婚原因が奥さまの不倫であっても、このようなご主人の主張は認められず、支払いの義務があるということです。

 

※婚姻費用については家庭裁判所の算定表をご参照ください。

 

※離婚調停についてはリンク先・家庭裁判所のHPをご参照ください。