妻の不倫、離婚か?

男の離婚相談室 大阪梅田

妻の不倫 大阪梅田で男性の離婚相談を承っております。 いぐち法務行政書士事務所です

「まさか、自分の妻が不倫をしているなんて‥」

落胆と怒りが交錯するご主人の表情。これまで奥さまの浮気・不倫に困惑される多くのご主人さまと面談をさせて頂きました。

「不倫は事実らしい。今後、妻に対して、そして不倫の相手に対してどんな対応を執ればいいのか?」

「今後、夫婦としてやっていけるのか?子どもの為、別居や離婚は避けるべきか?」

 

芸能人や著名人の不倫報道。ワイドショーでは視聴率がとれる定番のニュースといった風潮です。

ですが、ご自身の奥さまの不倫となればとても見過ごす訳にはいきません。

いぐち法務行政書士事務所はご相談者さまに寄り添い、配偶者の浮気・不倫への対処をサポートさせて頂きます。

高い弁護士費用をかけず、当事者間で解決したい!

相手方への慰謝料請求や示談交渉。離婚に向け別居中の奥さまとの交渉。これらを弁護士に依頼すれば高額な費用が必要です。

「相手方や妻と、出来る限り穏便に直接交渉したい。そうすれば高額な費用をかけずに終わらすことが出来るのでは‥。」

「離婚後の資金としたいので、費用は安価な方が助かる‥。」

こんな風にお考えなら是非、ご連絡ください。慰謝料請求通知・私的交際解消確約書・夫婦間信頼再構築契約書・離婚協議書等

ご希望に合わせ、負担の少ない方策を提案させて頂きます。

妻の不倫からの離婚  動画:不倫の相手に慰謝料請求

夫婦間での話合い

不倫は事実なのか?

今後の夫婦生活をどう考えているのか?

まずはお二人での話合いが必要です。不倫は配偶者の信頼を裏切った許せない行為です。ですが、その原因は過去の夫婦生活の不満が一因となっている場合もあるでしょう。これを期に冷静に過去、そして今後の結婚生活を話し合われることが必要でしょう。

落胆や怒りのお気持ちはよく分かりますが、結婚生活を続けるのであれば、怒りを抑えた話合いが必要です。

勿論、不倫に走った奥さまには、誠意ある謝罪と二度と繰り返さない反省が必須です。

夫婦間信頼再構築

お互い、独身時代の交際中から結婚生活へと共に時間を共有されたお二人です。

不倫や浮気等、配偶者を落胆させる行為があったとしても話合いを重ね、誠意ある反省と謝罪で再度、やり直すことが出来たらそれ以上のことはありません。

当所ではこんなお二人の為にその証となる「夫婦関係再構築契約書」の作成をお勧めしています。

この契約書に記載される内容は様々ですが、

「今後の夫婦生活に向け隠し事は一切しない。」

「夫婦間のコミュニケーションを大切にする。」

「再度、同様の不貞行為を繰り返した場合の対処」等を契約書としてまとめられます。

 

離婚を検討されるなら

性格の不一致や価値観の違い。その上、二度と不貞行為を繰り返さない確証がない。こんな場合、離婚の決断も必要かもわかりません。

離婚には協議離婚・調停離婚・裁判離婚がありますが、90%以上が協議離婚です。調停離婚や裁判離婚とは異なり、協議離婚はお二人の話合いで離婚を決めます。

この為、離婚時にしっかりした取り決めをせずに離婚届を出してしまい後々のトラブルが尽きないのもこの協議離婚です。

離婚を半年後とか一年後と定め、充分な準備をされることをお勧めしています。

離婚時に取り決める主な内容は離婚理由による慰謝料・婚姻費用・財産分与・年金分割・お子さまがおられる場合の親権・養育費等・面会交流です。

 

当事務所ではお二人の協議で決まった内容を記載した「離婚協議書」の作成。そして、養育費等の長期間の支払い契約がある場合、これを公正証書にした「離婚給付公正証書」の作成を承ります。